EC-CUBEに商品を一括登録

NO IMAGE

EC-CUBEにアップした商品を一括して削除する場合は⇒こちらの記事をどうぞ

EC-CUBEバージョン3.×では、管理画面(商品マスター)からダウンロードしたひな形が使えません。どうやらダウンロードしたCSVとアップロード用CSVのフォーマットが異なっているのがその理由だそうですが、エクセルのマクロも含めて、プログラムを組めない人間にはナンノコッチャな話です。

とはいえ、CSVで商品をアップロードできるのは間違いありません。 参考にしたのはEC-CUBE3管理・運用マニュアル

【CSVデータ一括登録作業の注意点】

  • 商品規格登録・・・商品にカラーやサイズなど、規格がある場合、CSVからの一括登録は出来ません。
  • 商品画像・・・CSVデータから一括登録する場合は、画像を予め準備してサーバーの所定の場所にアップロードしておきます。
  • カテゴリ登録・・・新規商品を登録する場合、商品に紐付けるカテゴリをEC-CUBE3に予め登録して、カテゴリIDを取得しておく必要が有ります。

EC-CUBE3管理・運用マニュアルの解説ページはひとつひとつ手順通りに書かれているので、順番に検証しながらやってみるのがお勧め。
ただ、商品登録のページを参考にするのは、EC-CUBEを触り慣れていないときだと思います(現に私がそうでした)。 そんなときに、初めて見聞きする単語や、よく分からないCSVの説明は戸惑ってしまうので、乱暴な話ですが、インストールしたばかりのEC-CUBEにこのページのサンプルCSVをアップロードしてみた方がはやい。 管理画面やブラウザではどう表示されているのか、自分のサイトで確認してみると理解が進むと思います。

習うより触って慣れる!

そして、アップされたサンプルの内容を自社商品に書き換えてみます。 販売する商品のページが出来上ったところで、今度はこの要領で商品CSVをダウンロード、そして一旦削除してみます。

慣れないうちは手順ももたついて時間が掛かります。
技術者じゃないと大変なんですよね~。

ダウンロードした商品データを削除のための修正⇒再度アップロードして、成功したならば、それらのCSVを原本として保管しておくことをおすすめします。 かれこれ1年近くEC-CUBEを運用していますが、たまにエラーが起きます。未だに。 商品点数が変動するノベルティのSPパレットの場合、前回のデータを今回のものに更新したにも関わらず、商品点数が多かった分を今回のCSVに読み込んでいる(削除しても見えないデータとして、エクセルがカウントしてる模様)のが原因と考えられます。

ですから、原本のCSVに商品データを載せ替えてアップロードするときがあります。

本当はキチンと原因を確認した方が良いのでしょうが、プログラムに疎い私にはハードルの高い話なので、ホームページでキチンと商品が表示されることを最優先で作業します。
・・・一時期一緒に仕事をしたエンジニアの方が「結果オーライならOK」という主義でしたので、私も「出来たならヨシ!」

EC-CUBEカテゴリの最新記事