サーチコンソールとアナリティクスの違いが分かっていなかった!

サーチコンソールとアナリティクスの違いが分かっていなかった!

Google Search Consoleでは実際に何が出来るんだろう? と、ふとギモンが湧きました。
その前に・・・googleが提供している解析サービスGoogle Analyticsと、私がサイトマップ送信に四苦八苦していたGoogle Search Consoleの違いって何だっけ?

SEOだアクセスアップだという前に、「どんなツール」で「どんなことができる」か分かっていないのは大問題。

Google Analytics
サイトに訪問したユーザーが

「どこからきて」
「どのようなページを見て」
「どれくらい滞在した」

かがわかる

解析対象:サイト訪問のデータ

Google Search Console
検索結果に自分のサイトが

「どのような検索ワードで」
「どれくらい表示され」
「どれくらいクリックされた」

かがわかる

解析対象:サイト訪問のデータ

ビジネスとIT活用に役立つブログ より抜粋

テストには出ませんが、「いつ」の段階のデータを知りたいかによって使い分けるツールということですね。
そうであれば、AnalyticsもSearch Consoleも、両方ともきちんと結果を吐き出してくれるよう設定をしなくては!

プロパティの設定だけは済んでいたAnalyticsにログインすると、データを全く吐き出していません。 全ての数値がゼロ。何故?
やっとサイトマップの送信に成功して、やれやれ と思っていたところにエラー・・・。

そして、「ヒットがありません」って何?

“ヒット”とはGoogleアナリティクスへ自身が運営しているサイトからデータを送信するための単位を表しているものです。
株式会社PLAN-Bの情報発信メディア より抜粋

ということで、サイト自体に問題があるわけではないことが分かって安心。

実際にこの「ヒットがありません」エラーの解消法というか、Analyticsでの設定については、このブログが詳しい。 要はトラッキングコードを解析を行いたいページの<head> ~ </head>の間に埋め込まないとデータを読み込みませんよ、ということらしい。
例えばWordPressだとheader.phpに埋め込むことが出来るし、きっとプラグインもあると思います。

じゃあEC-CUBEだとどうなのよって話ですが、なんと

EC-CUBEブロック管理を利用してGoogleAnalyticsタグを設定できるらしい! Analyticsの設定がトラッキングタグの発行まで済んでいることが前提条件での解説ページなので、Analyticsが初めてという方にはちとハードルが高そうですが、この方法でノベルティのSPパレットにAnalyticsタグの設定が出来ました。

googleカテゴリの最新記事